真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

「中国の職人」を読了

お盆休みを満喫してます。西日本はとても暑いようですが、東京は最高気温30度くらいで夕方からは涼しい日々が続いてます。もう残暑な感じです。

塩野米松氏著の「中国の職人」を読了。

塩野米松さんの『中国の職人』全文を無料で公開します。 - ほぼ日刊イトイ新聞

急須や壺などを製作する中国の職人6名のオーラルヒストリー。

中国の近年の歴史を踏まえながら、力強く生きる市井の人々の生き様を語る。とても面白い。興味深いエピソードがたくさんあった。これが無料なんてどうかしている。

 

チキンスパイスカレー

糸井重里氏が命名したカレースター運営のカレーの車が新宿サザンテラスに来るというので、暑いさなかに行ってきた。

曇っていて猛暑日にはなっていなかったけれど、会場まで歩いて行って汗びしょびしょ。ぐったりした。

けれど、チキンスパイスカレーはうまかった。800円のレモン&セロリシードのチキンスパイスカレーと野菜の付け合わせで1000円。

ちょうどいい感じではないか。

f:id:hagi98:20170728124213j:plain

水神(上)(下)を読了

いよいよ7月も終盤となり、お盆休みも目前。なかなか仕事のエンジンがかからず、前に進まない感じの今日この頃。これからどうなるか不安でござる。

ところで、帚木蓬生著の「水神」(上)(下)を読了。眼前に筑後川が流れていながら、恵みの水を得ることのできない水枯れ村の庄屋五人が百姓たちを従えて、水を引くための堰を築く大工事に乗り出す物語。水枯れ村の百姓が筑後川から桶で水を汲み、水路に流していてもラチがあかない。そりゃそうだ。しかし、硬直した体制の中でなかなか実現しなかったのだ。庄屋五人の意気込みは素晴らしい。

ワクワクしながら読み進めることができて、とても良かった。著者が執筆した別のシリーズも読んでみようかな。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水神(上巻) (新潮文庫) [ 帚木蓬生 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2017/7/26時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水神(下巻) (新潮文庫) [ 帚木蓬生 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2017/7/26時点)


 

キーマカレー

暑い日が続きます。あまり外出をしないよう、心がけております。昔と違うんだと心がけて。

そんなこんなの日が続きますが、3連休の最終日に水道橋駅ほど近くの「カレー&オリエンタルバル桃の実 水道橋店」を訪問。

この店は、本郷三丁目に本店を構える「桃の実」の姉妹店だ。今年オープンした模様で、できたばっかりなのに、レストランの評価サイトで高評価をもらっているようだ。

マトンカレーが人気のようだが、おいらはあえてキーマカレーセットを注文。キーマカレー単品という選択肢もあるようだが、自家製ピクルス、ダルカレー、サブジが付いてくるセットを注文。

キーマカレーは、スパイスが思ったより効いていて、とても美味しかった。暑い夏にはやっぱり辛いカレーを食べて汗をかこうということか。

また、再訪したい。

f:id:hagi98:20170717122106j:plain

 

 

ギリシア人の物語IIを読了

3連休もあっという間に終わりに近づいている。都内で買い物や床屋などに行って、有意義な3連休だった。

読書もその1つだ。この本もしばらくは会社の行き帰りに少しずつ読んできたが、終盤は三連休に一気に読む。塩野七生著の「ギリシア人の物語II民主政の成熟と崩壊」を読了した。

ペリクレスのおかげで黄金期を得たアテネだったが、ひたひたと崩壊の危機が押し寄せる。アテネの民主政を脅かしたのは、スパルタではなく、ポピュリズムだった。自分のことを自分で決められなくなったらおしまいだ。スパルタとアテネ勢力が入れ替わる激動の時代を迎えた。

もう1巻あるはずなので、発行されるのが楽しみだ。

  

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ギリシア人の物語2 民主政の成熟と崩壊 [ 塩野 七生 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)


 

冷製煮干中華そば

西日本や東北地方は雨による被害が出ています。連日、避難されている方のニュースを見ているような感じです。

でも、東京は暑いですね。なぜか雨もずっと降っておらず、梅雨はどこに行ってしまったのだろう。

ところで、近くの麺屋ねむ瑠@本郷三丁目にて、季節限定「冷製煮干中華そば」を頂戴しました。

土曜日限定で限定メニューが用意されるようですが、今週の土曜日の18時からは「冷製煮干中華そば」がスタートとのこと。17時45分頃に訪れると、すでに先客がお一人。その続きで、座って待っていること15分で、なんとか入店することができた。

注文は、もちろん限定メニューだ。フォトジェニックな感じのラーメンで、トマトジュレの赤色がよく効いている。スープは煮干のみとのことで透明度が高くあっさりしていた。ラーメンの固定観念を覆すような作品のような気がする。

ぜひ、また訪れたい。

 

f:id:hagi98:20170715180913j:plain

 

 

「みみずくは黄昏に飛びたつ」を読了

ひたすら、暑い。まだ、梅雨明けじゃないのに、空は雲ひとつないいい天気。風もなくって、日差しも強いな。

これじゃあ、夏が来たら、思いやられるな。

ところで、少し遅くなったが、「みみずくは黄昏に飛びたつー川上未映子訊く/村上春樹語るー」を読了した。

騎士団長殺しなどの著書の誕生秘話などを、村上春樹氏が語るインタビュー本だ。村上春樹氏の意外な答えに、川上未映子氏は唖然としている様子。結構面白かった。

村上「知らなかった。」

川上「ほ、本当かなあ(笑)。わたし、このためにプラトンの「饗宴」と「国家」を、もちろんざっくりとですが、おさらいしてきたんですが・・・」

村上「すげえ。嘘みたい。」

 こんな滑稽な場面が多いのだ。読んでよかった。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みみずくは黄昏に飛びたつ [ 川上 未映子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/7/9時点)