読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

三鬼 三島屋変調百物語四之続を読了

宮部みゆき著の「三鬼 三島屋変調百物語四之続」を読了。

袋物問屋三島屋のおちかが語り手を招いて、風変わりなストーリーを「語って語り捨て、聞いて聞き捨てる」百物語の続き。

夏場はぜんぶ休業する弁当屋だるまやの主人の話が面白かった。主人公が房総の方面へ出かけた際に、ひょんなことから食客ひだる神に取り憑かれてしまう。

この食客は、けっして悪い奴でもない。むしろ幸運を呼び込む奴かも。けれども、様々なことを引き起こし、笑いを誘ってくるのが面白い。

気に入ったなり。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三鬼 三島屋変調百物語四之続 [ 宮部 みゆき ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/5/1時点)