読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

雲奔るを読了

藤沢周平著の「雲奔る 小説・雲井龍雄」を読了。

幕末の米沢藩に生まれた藩士である雲井達雄は、幕末の混乱の中で、班の行く末を案じながら江戸、京都で活躍する。

しかしながら、時代の趨勢により、悲劇の志士として生を閉じた。物悲しい物語だった。

長岡藩の武士であった河井継之助も登場した場面もあり、なかなか感慨深かった。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雲奔る [ 藤沢周平 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)