読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

「無私の日本人」を読了

磯田道史著の「無私の日本人」を読了。

今年公開された映画「殿、利息でござる!」の原作である。映画を見たわけではないが、阿部サダヲが主演する映画のコマーシャルなどが気になって、原作を読んでみようという気になった。

原作の「穀田屋十三郎」を読み出すと、なかなかおもしろい。仙台藩の吉岡宿の疲弊を見かねて、町民が奇想天外な企画を繰り出す。

そこには、かつての日本人のDNAのようなものがしっかり組み込まれていて、現代に引き継がれているのか、それともなくなっているのか自問自答せざるを得ない状況だ。

じつに興味深い本だった。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無私の日本人 [ 磯田道史 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2016/12/11時点)