読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

希望荘を読了

宮部みゆき著の「希望荘」を読了。

『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く杉村三郎シリーズ待望の第4弾。今回は、短編集ということで読みやすいかもしれない。

おなじみ杉村三郎が東京都北区に私立探偵事務所を開業する。そこで持ち込まれる相談のような、そうでないようなものを、すんなり請け負うのだ。

えー、そんな相談受け付けなければいいのにと思いつつ、読み進めるのが結構面白い。

最初の「聖域」と「希望荘」が印象に残った。

またの展開を期待したい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

希望荘 [ 宮部みゆき ]
価格:1890円(税込、送料無料) (2016/11/20時点)