読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

「その女アレックス」を読了。

ピエール・ルメートル著のミステリー小説「その女アレックス」を読了。

この本は、本国フランスの賞のみならず、日本の「このミステリーがすごい!2015年版」の海外部門1位を獲り、それ以外にも数々の受賞をしている。これまでのミステリー小説の概念を変えるかもしれないとも言われている。

少し遅かったけれど、昨年ようやく読み終えた。そしてこの場に掲載するのは、もっと遅れて1月ということになってしまった。

若い女性アレックスが、ある日、誘拐され、犯人に木箱へ押し込めらえるところからストーリーは始まる。スピードは速くなったり、遅くなったりしながら、だんだん別の方向へ流れていく。

「あなたの予想は全て裏切られる」という広告もキャッチーなものだが、まさにそんな感じだ。カミーユ警部のシリーズを早く読みたいな。

 

その女アレックス

その女アレックス
著者:ピエール・ルメートル
価格:928円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る