読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

波の音が消えるまで(上)を読了。

沢木耕太郎著の「波の音が消えるまで(上)」を読了。

主人公伊津航平が香港返還の前日1997年6月30日に香港に偶然降り立つ。しかし、香港のホテルはどこも満室だったので、カジノで有名なマカオに向かう。当初はマカオ2泊のつもりで、バカラの台に向かうのだが、その魅力に吸い込まれていった。

深夜特急で印象深かった著書の初めてのエンターテイメント小説とのこと。なかなかに面白くって、おいらは上巻に続けて下巻にのめり込んでいる。