読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

「お文の影」を読了

宮部みゆき著の「お文の影」を読了した。

短編集でなんだか単行本で読んだことがあったけれど、再読しても何の苦痛も無くスルスル読めた。

本の題名となっている「お文の影」では、影踏みして遊んでいる子供の数より、影の方が1つ多かった。その1つの影の正体とはどんなものかを、なんと政五郎親分とおでこのコンビが解決するのだ。

政五郎親分とおでこは、「ぼんくら」シリーズでよく知っていたので、とても面白かった。怖い反面、面白いのがこの本の特徴だ。

  

お文の影

お文の影
著者:宮部みゆき
価格:691円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る