読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

「自分のアタマで考えよう」を読了。

超有名ブロガーである、ちきりん著の「自分のアタマで考えよう」を読了。

 

「自分だけの答え」の見つけ方を記したもの。なかでも7章は印象的だった。とにかく、情報ではなく「フィルター」が大事、就活のための企業研究が無意味だとバッサリと切られた。

 

オイラは就活のときに何も考えておらず、こんな筈ではなかったと思ったことが多々ある。企業の情報、もしくは世間を知らずに就職したせいかと思ったけれど、じつは自分のフィルターをもっていなかったことが原因だったのだ。

 

当時、自分の夢を実現できるかどうか、世間の評判はどうかとかどうでもいい内容を考えていた。実は、自分のフィルターがそこに皆無だった。

 

自分の性格というか特性を理解し、どんな仕事が向いているのか、自分のフィルターをしっかりもっているべきだった。

 

まあ、現時点だったら、自信を持って就活の判断ができるかと言われれば、あまり自信がある訳ではないけれど。

 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう
著者:ちきりん
価格:1,512円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る