読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

F.W.クロフツ著の「樽」を読了。

1920年に書かれたミステリー小説「樽」を読了。

 
彫像を運ぶための大きな樽がパリとロンドンを往来する。しかし、いつの間にか死体が入った樽とすり替わるのだ。そこに狡猾な犯人の思惑が潜んでいた。スコットランドヤードや私立探偵が地道に調べ上げ、ようやく辿り着いた先にあるものは何か。
 
このミステリー本は、江戸川乱歩がセレクトしたミステリー小説ベストテンの9位に入っているとのこと。
 
昨年11月に新訳が発売され、新聞の書評欄などで話題になっていた。まあ古典の部類に入るかもしれないが、意外にも結構スピード感があって、とてもおもしろかった。
  
樽


著者:F・W・クロフツ
価格:987円(税5%込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る