真砂町夜話

夜な夜な、思いついたことをカキコしてまし。よろぺこり♪('θ`)ノ

エッグフライドライス

職場近くのインド料理屋さんコチンニヴァース@西新宿五丁目に行ってきた。 ここは、僕の職場からもそこそこ近くてランチによく行くところだ。 12時過ぎに到着するとすでに並んでいることも多いが、今回はすぐに入店できた。 いつもの今週のスペシャルを注文…

逆襲される文明 日本人へⅣを読了

塩野七生著の「逆襲される文明 日本人へⅣ」を読了 ローマ人の物語などを書いた著者が綴るエッセイ。日々の出来事、ニュースをもとに人間としての教訓を描く書だ。 イタリアの政治が不安定化し、アメリカのトランプ大統領の発言などをニュースで見ると、ほん…

ネモフィラ

あっという間に、GWも最終日。後半は引きこもりな毎日であったが、そんな日も良いのではないかと思った。 ところで、先月、ひたち海浜公園に行って、ネモフィラ を見てきた。ここは「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」にも位置付けられてるスポットだ。 朝6…

ギリシア人の物語III 新しき力を読了

4月に異動しフロアーも変わったがなんとか3週間をしのいだ感じだ。GWまであと1週間。前任者の仕事をやっつけながら、落とし穴にはまらずに。 ところで、昨年末に発売された塩野七生著の「ギリシア人の物語III 新しき力」を読了 アテネ、スパルタともに自信…

通し狂言 絵本合法衢

先月に続き、今月も歌舞伎座にて仁左衛門を見る。 今回は、「通し狂言 絵本合法衢」。四代目の鶴屋南北が描いたもの。仁左衛門が一世一代で勤める悪の魅力満載の傑作である。 当時は、勧善懲悪ということではなく、悪役が人気だったようだ。それも、ただの悪…

ミレニアム5復讐の炎を吐く女(上)(下)を読了

桜の花びらも散って、いよいよツツジの季節のようだ。ハナミズキも新芽を吹き出している。新緑の季節もいいなと改めて思う今日この頃。 ダヴィド・ラーゲルクランツ著の「ミレニアム5復讐の炎を吐く女」(上)(下)を読了。 主人公のリスベットが刑務所に…

山椒そば

今日から新年度。そんな気がしないけれど、巷ではエイプリルフールで盛り上がっている。そんなもんかなあ。 中華蕎麦にし乃@本郷三丁目にてバンメシ。あっさり系の山椒そばを注文。 これってとても珍しい。透明なスープに山椒の香りがしてスッキリタイプだ…

「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」を読了

東京で桜が満開になった。平年に比べ10日も早いとのこと。今年の冬は寒かったような気もするけれど、温暖化の影響とかあるのかな。 川上和人著の「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」を読了。決して鳥が好きじゃないみたいだけど、人生の流れで…

ホーレン草と卵入りインド米ライス、キーマカレー

文書書き換えで国会は大荒れ。真相はどこにあったかは別のところで議論してもらうとして、とりあえず国会にフォーカスが当たって行って、相撲協会とレスリング協会は少し助かったのかも。 この前の木曜日に、コチンニヴァース@西新宿五丁目にてランチ。 1…

ニュータウンの社会史を読了

金子淳著の「ニュータウンの社会史」を読了 多摩ニュータウンを舞台に、戦後の住宅難を機に住宅を供給してきた歴史を語る。社会学の側面からのアプローチだ。 少子高齢化が進む中、地域社会はどうあるべきか。今後の展開を考えさせられる一冊だ。 ニュータウ…

牡蠣煮干中華そば

オリンピックもあっという間に閉会式。金メダル4つを始め、歴史的な試合になった。モーグルもハーフパイプもとても楽しかった。最後のカーリングは、とても盛り上がったし。「そだねー」なんて言葉も流行りそうな感じだな。 ところで、先週は、ねむ瑠@本郷…

この世の春(上)を読了

梅が少しずつ咲いてきました。近くの神社の桜も、白もピンクも咲いてきた。まだ、満開ではないけれど。 宮部みゆき著の「この世の春(上)」を読了。舞台は江戸時代。北見藩藩主の重興が主君押込にあうところから始まる。 憑き物か怨霊かと思われるお殿様だ…

トマトライス&キーマカレー

北陸地方は大変な寒波がやってきているが、太平洋側は、時折、ホッとするような気候な時もある。今日も最高気温14度ということで、少しだけ寒さが緩んだ気がする。 1月末に、コチンニヴァース@西新宿五丁目にてランチ。何しろ、2/6から3/9までお店が休みと…

徳川がつくった先進国日本を読了

2/1にも雪が降ったが、都心では積もらなかった。まあ、しょうがないかな。 磯田道史著の「 徳川がつくった先進国日本」を読了。NHK教育テレビで放映した内容を本に仕立て直したものらしい。江戸時代の平和な時が、今日の日本を形作っているのではないかとい…

ゆき

1/22に雪が降った。東京で23センチを記録し、4年ぶりの出来事らしい。 職場から帰る道すがら、ふかふか雪を楽しめてよかった。最近、スキー場にも行ってないし、本当に久しぶりだな。

釜たまカルピスバター(中)

年末のこととなるが、丸香@神保町にてランチ。 11時開店のところ15分前から並んで、今年最後の讃岐うどんを食べる。 注文は、釜たまカルピスバター(中)+ちくわ天。 初めての釜たまだった。恐る恐る食べると、これは上手いではないか。まるでカルボナーラ…

ぐるぐる博物館を読了

冷え込んでまいりました。大寒を前にして寒いな。首元や袖口から隙間風が入るとものすごい寒い。職場でもインフルエンザにかかる人も出てきており、危ないなあ。暖かいドリンク飲んで、ゆったりするしかない季節です。 今年初めての本は、三浦しをん著の「ぐ…

麻婆麺

あっという間に、年があけてしまったけれど、載せたいものがあったのをすっかり忘れていた。 年末のある日、蝋燭屋@銀座にてランチ。11時半開店の少し前から並んでいると、だんだん人が集まってきて、あっという間に10人くらいの行列があった。 この店は、…

迎春2018

あけましておめでとうございます。 2018年の抱負は?と問われれば、月並みかもしれないけれど、皆さま健康でありますようにと言うしかない。健康が全ての礎だから。 その次に、もちろん、やらなきゃならないことを粛々とやって行きたい。 そんなこんなを、初…

レモンライス&キーマカレー

12月初め、コチンニヴァース@西新宿五丁目にてランチ。 最近、スペシャルメニューしか頼まないような気がする。今回のスペシャルは、レモンライス&キーマカレー。 レモンライスは、決して酸っぱくないけれど、レモンの風味が盛りだくさんな感じ。レモンを…

東京とんかつ会議を読了

いよいよ年の瀬です。今年も、半月しかありません。やれなかったことは多いけれど、進んだこともあった。これまで全然進まなかった事柄も進み成果もあったと思う。そんなこんなことを思い出すのも年末だからか。節目を気にするのは日本人の特性かもしれない…

街乗り

すっかり寒くなってきた。 10度を切るとバイクがきつくなる。日中はまだ大丈夫だけど、そのうちダメになるだろう。 そんなこんなで、先週末にスポーツスターを引っ張り出して、皇居一周、街乗り。 帰りの道すがら、香川一福の肉うどん(中)&とり天を食べて…

おとな担々麺祐子

すっかり寒くなってきた今日この頃。コート着ている人も3分の1くらいいるかなという感じだ。12月にならないとコートを出すつもりがないので、朝はしばしポケットに手を突っ込んで出勤するつもりだ。 先週末は、うちの近くの麺屋ねむ瑠にて、限定商品である…

オレたちバブル入行組を読了

すっかり11月に入ってめっきり寒くなってきた。コート着ている人も半数くらいになって着たので、おいらの冬物もそろそろ出さなくてはと感じている今日この頃。 池井戸潤著の「オレたちバブル入行組」を読了。 本書は、4年前に「倍返しだ」で話題になったテレ…

鳥ねぎうどん

先日、国宝展を観に京都に行ってきた。3連休だったので、それはもう混雑していたなり。人酔いするばかり。 昼前に、京都のうどん屋さん「仁王門うね乃」にて昼ごはん。開店直後は予約した人しか入れなかったが、少し後に入店することができた。 注文した品…

新・所得倍増論を読了

週末の雨が続きます。先週も今週も台風の影響でアメアメ。これじゃあ、バイクで外に出かけられないではないか。せっかくのいい季節のはずなのに。一体どうしてくれよう。そんなこんなで読書が進む。 今回はデービッド・アトキンソン著の「新・所得倍増論」を…

山紫水明

去る10月1日に麺屋ねむ瑠@本郷三丁目にてランチ。 あらかじめSNSに周年記念祭の開催について告知されていたので、開店11時の30分前に到着したが、すでに行列していた。それも見たことがないくらいに60人くらい並んでいるではないか。 すごい人気だ。若手…

カラー版 東京凸凹地形散歩を読了

雨が続く。秋の長雨ってところでしょうか。 今尾恵介著の「カラー版 東京凸凹地形散歩」を読了。ブラタモリが人気なように、地形は本当に面白い。 ご先祖が築いた用水や堤、切り通しや盛土などの痕跡をたどれば、地形とともに生きてきた、東京の歴史が見えて…

かけ大+野菜天盛+ちくわ天

久しぶりに、丸香@神保町にてランチ。10時30分に到着したが、すでに5−6人が並んでいた。さすが有名店。 僕もすごすごと並ぶと、その後に続々と行列ができていく。すごい店なんだと改めて認識。 注文の品は、「かけ大+野菜天盛+ちくわ天」。 お店は清潔感…

「最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―」を読了

衆議院が解散し、選挙モードになったようだが、当初の流れとは打って変わって、別の流れも出てきて、混沌としているようだ。今週の動きは見逃せないものがあるかもしれない。後出しジャンケンのようなものが出てくるのかな。 二宮 敦人著の「最後の秘境 東京…